2019年の展望

まず最初に、多くの方々のおかげで無事に新年を迎えることを深く御礼申し上げます。

今年は、昨年感じることができた手応えと課題をより昇華させる年にしたいと思っております。

現在、葬儀業界は急速な転換期を迎えています。

家族葬がもっとも標準的なご葬儀のスタイルとなり、参列者は10名以下が普通です。

金額も、葬儀だけで100万円を越えていたものが、現在はお食事や返礼品、お布施などを含めても100万円を切るようになってきています。

また、お仏壇やお墓などのご供養の形も変化してきており、小さなオブジェ的なものや海洋散骨、お墓じまいを選択される方々が増えてきています。

僕は、「ご葬儀もご供養も、何より心が一番大切」であると考えておりますので、皆さまの選択肢が増えることはとてもいいことだと考えております。

ご葬儀やご供養というものは形式や慣習が尊重されるため、どうしてもこれまでと同じ価値観で進めてしまいがちですが、これまでの価値観に違和感を感じ始めている方が急速に増えてきていることを知ってください。

大切な人とのお別れだからこそ、ご自身のお気持ちのままに御納得いただける方法で見送り、弔っていただきたいと思います。

ご葬儀もご供養も、金額や豪華さではなく、何よりも心です。

ラ・プリエールは、そんな皆さまのご要望にお応えできるよう、また、これからも日々新しい価値観を提供させていただけるよう、努めさせていただきます。

本年も、ラ・プリエールをどうぞ宜しくお願い申し上げます。

街の小さな葬儀屋さん

ラ・プリエール

新潟市の小さなご葬儀のことならお任せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA