新しいお葬式の形

こんにちは。

新潟のラ・プリエールです。

さて、皆さまはご自身の人生の終(つい)の場面を考えた時、どのようなイメージをお持ちになりますか?

あくまで私感ではありますが、どうしても暗いイメージは拭えませんよね。

そのためか、元気な時にはもちろんそのようなことは考えませんし、 ナーバス(神経質)なときには余計に考えたくなくなるでしょうし、 結果として最後まで向き合えないままその時を迎えられる方が多いのではないでしょうか。

「考えなくてはいけないけど、考えたくない」

誰でもご自身のエンディングの事はあまり考えたくないと思います。

ただ、そのことでいざという時に周りの方に迷惑もかけたくないですよね。

人間にとって、

「この世に生まれてくる」

ということと

「この世から旅立つ」

ということだけは、例外なく1度しかないことです。

1度しかないその旅立ちこそ、もう少しご自身でプロデュースされてもいいのかなとも思います。

「華やかだった」

「あの人らしかった」

「(残された自分たちは)見送るだけでよかった」

僕たちは、

「辛いだけ」

「悲しいだけ」

がエンディングではないと考えます。

生前にエンディングの準備をされ向き合うことによって、改めて日々の暮らしに充実や幸せを感じることもできるのではないでしょうか。

お別れのその時に故人様の心を感じられたら、とても素敵だと思いませんか。

「亡くなったご本人様ご自身が残された人たちの悲しみにに寄り添う」

エンディングにも、新しい価値観が生まれてきていると思います。

そんな皆さまの思いに、ラ・プリエールが少しでもお役に立てたらとても嬉しいです。

街の小さな葬儀屋さん

ラ・プリエール

新潟市の家族葬と小さなご葬儀のことならお任せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA