お葬式を行うことになったら

今日は、普段お仕事をさせていただいていてお客様の多くが不安に感じておられることについてお伝えさせていただきます。


「葬儀をやらなきゃいかないんだけど何から始めてどこまでやったらいいのかが分からない」


というものです。


いわゆる、


「何が分からないのか分からない」


ということだと思います。

事前相談などで時間に余裕がある時は細かくお話しさせていただいたいますが、実際にその時になっていたら精神的にも、時間にも、余裕がありません。


そんな時は、以下の3点伺っています。


①菩提寺(お墓のあるお寺)はありますか?


②宗教式を希望しますか?


③ご予算に不安はございますか?

いろいろ複雑に考えられがちなお葬式ですが、この3点が決まっていればスムーズに事を進めることができます。

以下、詳細をお伝えします。

①菩提寺はありますか?


ご葬儀ではどうしてもお寺様の意向が反映されがちです。


そのため、何の相談もなくご葬儀の内容を決めてしまうとお寺様の不満をかってしまうかもしれません。

ですから、菩提寺がある時は必ずお寺様にも連絡をしてください。

(この事に関しては詳しくお伝えしようと思うと長くなってしまいますので、改めてお伝えさせていただきます)

②宗教式を希望しますか?


例えば菩提寺がなく特に宗教信仰がなければ無理にお寺様を呼んだりして告別式を行う必要はありません。


告別式を行う代わりに親しい人だけでゆっくり思い出話などをしていただいてお過ごしいただくこともできますし、


「お経だけはあげてあげたい」

というお客様には簡易的なお経をあげてさしあげることも可能です。

③ご予算に不安がございますか?


これはご葬儀を行ううえでお客様に一番大切にしていただきたいことです。


なぜなら、ご葬儀というものは一過性のものだからです。


ご葬儀が「大切な人とのお別れの儀式」であることに間違いはありませんが、ご葬儀はどんなに長くても数日間のものです。しかし、故人様との関係はその後もずっと続くのです。


僕が葬儀社としてお客様に大切にしていただきたいものは、

「故人様との繋がり」

です。


亡くなることで目に見えたり触れたりすることはできなくなりますが、故人様との関係は形を変えただけでその後も間違いなく続いていくのです。


しかしご葬儀に予算とエネルギーをすべて使ってしまうと、葬儀が終わった時点で燃え尽きてしまう可能性があるのです。


それに、支払うことができる予算を越えるご葬儀を行うことも、残されたご遺族様のその後の生活に大きな影響を与えてしまうことになります。


これは断言できますが、お葬式は予算を決めて行うことができます。

もちろん金額によって内容に違いは出てしまいますが、ご葬儀に一番大切なことは何よりも「心」です。

どんな形であれ、送った人が心を込められていればそれは立派なご葬儀なのです。

このように、優先順位はあれどこの3つを把握しておくと、ご葬儀の組み立てをスムーズに行うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA