⑤互助会のからくり

今回は、先ほどのAさんも利用した、お葬式の積立金制度について取り挙げてみたいと思います。

新潟市では、シェアの半数以上がこの積立金制度を用いている葬儀社となっています。

こうした、積立金制度を用いた会社は「互助会」と呼ばれており、

「会員で少しずつお金を出し合って、誰かの万一の時にはみんなで支え合いましょう」

「入会しておけば、万一の時も安心ですよ」

などと営業を仕掛け、会員を獲得してきました。

互助会といえば、会員価格や会員値引きなど、少し若い世代から見ると怪しさが強いです。

月々数千円の積立ですので、加入者はまるで共済や保険に加入したような気持ちになるのだと思います。

でも実際に加入者が購入させられているものは、

「割賦販売法」

という法律に基づいた(前払いの)分割払いです。

イメージとしては、互助会が一社で販売店と信販会社の役割を果たしている感じです。

ここで一度考えてみてください。

この図の通りであれば、この図の形になる時は、実際にお客様の手元に商品があるはずなんです。

でもお葬式は、サービスを受ける前に購入しています。

つまり、

「形のないよく分からないものを前払いで分割購入しているだけ」

なのです。


もっと分かりやすく考えるために、保険と比較してみます。

保険→ 保険料を支払うことによって、万が一の時の保障を得る。

積立金→ 商品の前払分割購入なので、いざという購入時には足りない分は請求される。また、満期になっていてもほぼ必ず追加の請求をされる。

保険が、保険料を納めることによって契約した保険金額が保障されるというものに対して、 積立金は支払った分しかサービスを受けられません。

例えば掛け捨てタイプの死亡保険で、 掛金が月々2,000円で保障金額が100万円だとします。

保険では、保険料を1回でも納めれば最低でも3割は保障されます。

でも積立金の場合、100万円を月々2,000円で積立をしたら、約40年掛かります。

もしこの40年の途中で積立ができなくなったり、亡くなってしまった際には、足りない分はその場で精算になります。

違いがお分かりいただけましたでしょうか?

「積立」とは言ってますが、実はただの分割払いなんです。

しかも、形のよく見えない「お葬式」というサービスを、です。

正直、これであれば死亡保険に加入して、

「自分が死んだら100万円おりるから、それでお葬式をしてもらおう」

と考える方が余程合理的であると知っていただけるはずです。

実はこんなにシンプルな商売をしている互助会ですが、 お客様も一回経験するとその悪どさに気付くので、基本的に2回目以降は小さいご葬儀を選ばれる方が多いです。

もしくは、最初にそんな思いをしてしまっているので、どこの葬儀社も同じなんじゃないかと思って結局同じところに依頼をするかです。

最近は情報インフラの発達でこういった情報も広まってきており、トラブルも起こっていますし積立金の解約も増えています。

積立金の解約ができないと思っている人が多いのですが、積立金は解約できます。

互助会で積立をされている方は、多くの方が数十万円単位の積立金をお持ちですが、 手数料こそとられるものの、解約はできます。

ここで、互助会さんからラ・プリエールに切り替えていただいた方の事例を挙げさせてください。

15万円満期の積立を3口持っておられたBさんですが、いよいよご主人が亡くなりご葬儀を行うことになりました。

45万円もあるからその積立金でご葬儀を行おうと考えていた奥様でしたが、 ご主人様をご自宅へお連れした後に互助会さんから提示された見積を見て血の気が引いたそうです。

見積金額は、160万円でした。

営業担当さんとも個人的に親しいお付き合いをしていたため奥様はショックを受け、息子さんに相談しました。

おかしいなと思った息子さんがたまたま知り合いだったので、僕に相談をいただきました。

よくある話ですとお伝えした後で、その後ラ・プリエールでも見積を提出させていただきました。

ここで一度考えてみてください。 この図の通りであれば、この図の形になる時は、実際にお客様の手元に商品があるはずなんです。 でもお葬式は、サービスを受ける前に購入しています。 つまり、 「形のないよく分からないものを前払いで分割購入しているだけ」 なのです。
もっと分かりやすく考えるために、保険と比較してみます。 保険→ 保険料を支払うことによって、万が一の時の保障を得る。 積立金→ 商品の前払分割購入なので、いざという購入時には足りない分は請求される。また、満期になっていてもほぼ必ず追加の請求をされる。
保険が、保険料を納めることによって契約した保険金額が保障されるというものに対して、 積立金は支払った分しかサービスを受けられません。 例えば掛け捨てタイプの死亡保険で、 掛金が月々2,000円で保障金額が100万円だとします。 保険では、保険料を1回でも納めれば100万円は保障されます。 でも積立金の場合、100万円を月々2,000円で積立をしたら、約40年掛かります。 もしこの40年の途中で積立ができなくなったり、亡くなってしまった際には、足りない分はその場で精算になります。 違いがお分かりいただけましたでしょうか? 「積立」とは言ってますが、実はただの分割払いなんです。 しかも、形のよく見えない「お葬式」というサービスを、です。 正直、これであれば死亡保険に加入して、 「死んだら100万円おりるから、それでお葬式をしてもらおう」 と考える方が余程合理的であると知っていただけるはずです。

実はこんなにシンプルな商売をしている互助会ですが、 お客様も一回経験するとその悪どさに気付くので、基本的に2回目以降は小さいご葬儀を選ばれる方が多いです。 もしくは、最初にそんな思いをしてしまっているので、どこの葬儀社も同じなんじゃないかと思って結局同じところに依頼をするかです。 最近は情報インフラの発達でこういった情報も広まってきており、トラブルも起こっていますし積立金の解約も増えています。
最後に、積立金の解約ができないと思っている人が多いのですが、積立金は解約できます。 互助会で積立をされている方は、多くの方が数十万円単位の積立金をお持ちですが、 手数料こそとられるものの、解約はできます。
ここで、互助会さんからラ・プリエールに切り替えていただいた方の事例を挙げさせてください。 15万円満期の積立を3口持っておられたBさんですが、いよいよご主人が亡くなりご葬儀を行うことになりました。 45万円もあるからその積立金でご葬儀を行おうと考えていた奥様でしたが、 ご主人様をご自宅へお連れした後に互助会さんから提示された見積を見て血の気が引いたそうです。 見積金額は、160万円でした。 営業担当さんとも個人的に親しいお付き合いをしていたため奥様はショックを受け、息子さんに相談しました。 おかしいなと思った息子さんがたまたま知り合いだったので、僕に相談をいただきました。 よくある話ですとお伝えした後で、その後ラ・プリエールでも見積を提出させていただきました。 奥様とご遺族様の希望に沿った形でも、80万円で納まりました。 奥様やご親戚の方々は半信半疑でしたが、僕は間違いなく互助会さんよりご満足いただけるご葬儀を提供できると思ったので、自信を持ってご提案しました。 ここでよくあるのが、

奥様とご遺族様の希望に沿った形でも、80万円で納まりました。

奥様やご親戚の方々は半信半疑でしたが、僕は間違いなく互助会さんよりご満足いただけるご葬儀を提供できると思ったので、自信を持ってご提案しました。

提案の内容ですが、例えば解約を起こして、45万円の15%を解約手数料として支払ったとします。

約7万円を差し引かれて、手元に戻ってくる金額は38万円です。

ラ・プリエールの見積金額は80万円ですので、差額の42万円をお支払いいただく形になります。

これが解約を惜しんでそのままVIPさんでご葬儀を行うと、 160万円に対しての積立金が45万円ですので、 115万円を支払うことになるのです。

何でこんな簡単なことが分からないんだと思ってしまいますが、 お葬式の時は皆さんそれくらい頭の中がいっぱいになっています。

あとは、担当者の巧みな話術もあります。

挙げたらキリがないので機会のある度にお伝えしますが、そもそも見積金額が160万円になる時点でおかしいのです。

以上が、積立金制度のカラクリです。

この内容を一人でも多くの人に知っていただき、お葬式という大切な場面で後悔してほしくないと思っています。

あと、こういうやり方の商売をする会社はなくなってほしいと個人的には思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA